五輪、2024年パリと2028年LA開催



フランスのパリと米ロサンゼルス(LA)が2024年と2028年の夏季五輪の開催地に確定した。国際オリンピック委員会(IOC)はペルーのリマで開かれた総会で投票を行い、パリとLAを2024年と2028年の夏季五輪開催都市に全会一致で決定した。

総会に先立ち、IOCは2024年五輪はフランスのパリで、2028年五輪は米国のLAで開催することで二つの都市と合意していた。IOCは史上初めて、五輪開催地二ヵ所を同時に選定した。

総会の決定に先立ち、パリのイダルゴ市長は「費用対効果で持続可能な五輪になるだろう」と誘致発表をしており、フランスのマクロン大統領もTV電話を通じてオリンピック開催を希望すると伝えた。さらに、カセッティLA市長も「多くの都市にインスピレーションを与えたい」という内容を盛り込んだ誘致発表をした。

これでパリとLAは三回目のオリンピック誘致となった。パリは1900年と1924年に、LAは1932年と1984年にオリンピックを開催した。現在までオリンピックを三回開催した都市はイギリスのロンドン(1908年・1948年・2012年)が唯一だ。 イ・サンホン記者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です