パンソリ(2003年登録)



パンソリは一人の歌い手が鼓手(太鼓を打つ人)の拍子に合わせて、チャン(歌)、アニリ(台詞)、ノルムセ(身振り)を織り混ぜながら口演する一種のソロオペラである。

「パンソリ」とは、「パン(広場)」と「ソリ(歌)」の合成語である。「ソリ」は「音楽」、「パン」は「色んな人々が集まる所」または「状況と場面」という意味があり、パンソリとは「多くの聴衆が集まった遊びの場で歌う歌」という意味である。

パンソリの由来は正確には不明であるが、朝鮮英祖30(1754)年に柳振漢が作った春香歌の内容からみても、少なくとも粛宗(在位1674~1720)以前に発生したものと推測され、朝鮮時代前期の文献に見られる「広大笑謔之戯」が土台になったとする見解がある。

その一方、パンソリは本来色々な遊びとともにパンノルムとして公演されたもので、パンノルムがあった新羅時代まで遡るという見解もある。このように芸人集団によって始められたパンソリは、歌い手と聴衆の積極的な参加で完成されるという独特な特徴を持っている。

パンソリは全羅道を中心に忠清道、京畿道にわたる広い地域で伝承され、地域的特徴によるソリ制を形成している。全羅道東北地域のソリ制を東便制、全羅道西南地域のソリ制を西便制といい、京畿道と忠清道のソリ制を中古制という。

東便制の声は比較的羽調を多く使って発声を重くし、ソリの余韻を短く切って、太くて雄壮なシギムセ(骨格音の前後に装飾音としている入れる音)で組まれている。一方、西便制は界面調を多く使って発声を軽くしながら、ソリの余韻を長く伸ばして精巧なシギムセで組まれている。また、中古制は東便制の声に近く、素朴な調子で構成されている。

パンソリが誕生した当時は、ひとつのマダン(パンソリの一段落を数える単位)の長さがそれほど長くなく、パンソリ十二マダンといって、春香歌、沈清歌、水宮歌、興夫歌、赤壁歌、裵裨将打令、ピョンガンセ打令、ジャンキ打令、片意地打令、武叔打令、江陵梅花打令、偽神仙打令など、その数が多かった。

しかし、現実性のない話の素材とソリが次第に長くなるとともに、忠、孝、義理、貞節など朝鮮時代の価値観を入れた春香歌、沈清歌、水宮歌、興夫歌、赤壁歌だけがより芸術的な音楽として整えられ、パンソリ五マダンとして定着した。

パンソリは韓国の時代的情緒をあらわす伝統芸術で、人生の喜怒哀楽をユーモアを交えて音楽と調和させつつ表現し、聴衆も参加するという点でその価値が高く、パンソリ五マダン全てが重要無形文化財に指定されている。

パンソリ公演に欠かせない鼓法(太鼓を打つ調子技法)は1978年、重要無形文化財第59号として別途指定されたが、1991年パンソリに統合され、現在、金成權(本名:金成来)、鄭哲鎬が保持者として活動している。

パンソリは庶民の人生を写実的に描き出して、被支配層の人生の現実を生き生きと表し、庶民の声を代弁しながら新たな社会と時代に対する希望を表現しており、すべての階層が広く楽しむ芸術として、パンソリを通じて支配層と被支配層が互いの考えを調節したという点で、社会的調節と統合の機能を担ったものと評価されている。

また、パンソリは多様な伝統芸術から必要なものを取り込み、それを総合する開放的な特徴を持っており、韓国語の表現の可能性を最大限発揮させた民族的な表現方式として、人類普遍の問題点にアプローチする芸術に昇華させて、民族文化の伝統・継承や発展に寄与した。

パンソリは韓国歴史と喜怒哀楽を共にしてきた韓国文化の精髄として、その独創性と優秀性が世界的に認められ、2003年11月7日にユネスコ「人類口伝及び無形遺産傑作」に登録された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です