新型コロナウイルス予防、「手洗い徹底を」


新型コロナウイルスの勢いが依然衰えない中、各自の衛生管理の重要性がますます大きくなっている。専門家らによると、健康を守るための最も重要な方法は、ほかならぬ「マスク着用と手洗い」だ。

特に手洗いの場合、新型コロナウイルスは細菌による感染性疾患の予防にも役立つだけに、必須の個人衛生管理方法に挙げられる。正しく手の衛生を管理するためには、流れる水に30秒以上石鹸類で手をしっかり洗い流すことが重要である。

手洗いがままならない場合は手消毒剤を使うが、完全に乾かさないと効果が落ちる。くしゃみや咳をした後、手につばがついた時は、手消毒剤よりは手洗いをしたほうが効果が期待できる。

石鹸類を選ぶ時は、効果が検証された製品を選んだ方が安心だ。欧州最大の衛生用品会社である「エシティ(Essity)」を国内に紹介する「ビンダコリア」のブランドである「トーク」(Tork)は、優れた洗浄効果とともに、リウマチ学会の認証を受け、広く使われている。

「トーク」製品は、S1液体石鹸マイルド1000mlとS4の泡石鹸マイルド1000ml製品を主力とする。また、手洗い後の使い捨てハンドタオルも付帯され、より衛生的な処理を可能にした。

「トーク」の石鹸類は、肌や環境に優しい原料で作られた製品で、折りたためる詰め替え容器を活用し、ゴミの量を減らすにも力を入れている。「トーク」側は、「消費者が快適で衛生的な製品を使うことができるように、関連製品の開発に集中している」と明らかにした。 デジタル企画イ•セヨン記者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です