治療後の徹底した食事管理が必要な大腸癌


人体の臓器の中で大腸は水分を吸収して消化されない飲食物を保存、排泄する役割を果たしている。このような大腸に発生する悪性腫瘍を大腸癌と言うが、大腸癌は発生位置によって結腸癌と直腸癌に分けられる。大腸癌の大半は大腸粘膜腺細胞に発生する腺癌で良性腫瘍である腺腫性ポリープから由来すると言われている。

大腸癌の発病危険要因としては飲食物、肥満、遺伝的要因、腺腫性ポリープ、炎症性腸疾患などがあり、その中でも飲食物は大腸癌の発病に最も大きな影響を及ぼす環境的要因だ。最近は食生活が欧米化しているため、動物性脂肪である飽和脂肪の多い食べ物を多く摂取したり、豚肉や牛肉のような赤い肉、ソーセージのような肉加工品を多く摂取して大腸癌の発病率が増加している。

大腸癌は他の癌と同じように初期は目立った症状がなく、症状が現れたときは、すでに癌が進行した場合が多い。普通の大腸癌の症状では下痢、便秘、排便後の残便感、血便、腹部不快感、疲労感などがあり、腫瘍の発生位置によって症状が異なる場合がある。

大腸癌は普通の手術、抗癌化学療法、放射線療法などで治療を行い、治療によって栄養問題に差が出やすいため、場合によっては適切に食生活をする方がいい。大腸癌の手術をした場合、ガス形成、下痢、ナトリウムの不均衡が起きることがあり、刺激的な食べ物を避け、食物繊維が豊富な食べ物の摂取は注意しなければならない。

また、抗癌化学療法や放射線療法は食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢などが起こる恐れがあるため栄養が不足する場合があるので、下痢を誘発する豆類、調味料が強い食べ物、生果物や野菜などを避け、それ以外の食べ物を摂取することが重要である。

本来、癌治療のためには癌によって生じる免疫低下、栄養不均衡、精神的なストレスなどを含む様々な問題をが解決しなければならないが、韓国は病室不足や入院規定により手術の傷も癒えない状態で退院する場合が多い。このような理由で発生する問題を解決するため、京畿道水原のメディウム水原療養病院は統合医学的な癌治療や管理を提供している。

癌に勝つためには癌治療に耐える体力と免疫力を回復しなければならないが、その方法の一つが、まさに体系的な食事だ。特に抗癌治療の過程で悪心、嘔吐、食欲低下などの消化器系統の副作用が多発するため、消化機能に無理がないようにしなければならない。

メディウム水原療養病院は患者に向けて抗癌栄養献立を提供し、抗癌治療過程で発生しかねない副作用や栄養の不均衡を矯正して癌に勝ち抜ける体力や免疫力を強化できるように手伝ってくれる。特に多様で健康な食べ物を提供するため、医療陣と栄養士が相談して献立を組み、病院のブログに毎週掲示して患者の家族にも献立表を案内している。

メディウム水原療養病院のナ・ハギョル院長は「メディウム水原療養病院の食べ物は5つの基礎食品に基づく多様な食品の摂取を目指し、患者の状態に応じて適切な献立を提供する。患者に提供される食事は、完成・加工品ではなく手作りで提供し、医療機関の給食管理基準に合わせてすべての食べ物を好みに合わせて選択するメリットがある」と伝えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です