ヒョンデ自動車「水素エネルギー、交通を越えてグローバル経済牽引」


ヒョンデ自動車グループが水素エネルギーを通じたクリーンエネルギー社会転換とグローバル経済成長を強調した。ヒョンデ車グループはシンガポールのカペラホテルで開かれた第1回ブルームバーグ・ニューエコノミ・フォーラムで、「無公害社会の実現と持続可能な成長」をテーマに討論会を開催した。

英国王立経済学会のニコラス•スターン会長の司会で行われた討論会には、マッコーリーグループのベン・ウェイアジア最高経営責任者(CEO)、フューチャーマップのパラグ•カーナ代表などがパネルとして参加し、無公害未来社会の現実とクリーンエネルギー社会への転換の中心になる水素エネルギー時代を開くための洞察力と見通しを披露した。

ヒョンデ車グループのチョン•ウィソン首席副会長はあいさつで「最近、国連は2030年までに世界の二酸化炭素排出量を2010年水準の45%までに減少しなければ災いを避けるのは難しいと警告している。水素エネルギーはクリーンエネルギー社会への転換において革新的役割をする」と述べた。続いて「水素エネルギーは、交通分野を越えてグローバル経済の成功を牽引すると確信している」と力説した。

パネル討論では、一貫性のある政府のエネルギー政策の重要性が集中的に取り上げられた。「政府と政策立案者は新再生エネルギーに対する一貫性のある政策で市場に確信を与えなければならない」(ウェイCEO)、「政府がエコ・インフラ構築への投資を拡大すれば長期的に国家の財政効率性も向上できる」(カーナ代表)という提言が続いた。

パネルとして出席したヒョンデ自動車のキム•セフン常務は「自動車の無公害動力源は電気自動車と水素電気車だけ」とし「無公害社会の実現のためにヒョンデ自動車グループは二つの技術を共存発展させていきたい」と明らかにした。 チョン・ゴニ記者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です