現存する世界唯一の測雨機「錦營」国宝に


世界が認めた科学機器である朝鮮時代の「錦營測雨器」が国宝になる。文化財庁は、現存する世界唯一の測雨器で、気象庁にある宝物第561号の錦營測雨器を国宝に昇格すると発表した。

また朝鮮時代測雨制度を系統的に証明する気象庁所蔵の「大邱ソンファダン測雨台」(宝物第842号)と国立古宮博物館にある「昌徳宮測雨台」(宝物第844号)も国宝に指定予告した。

素材の正確な名称を表記するため、それぞれ「公州監營測雨器」、「大邱監營測雨台」、「昌德宮摛文院測雨台」に名称を変えて昇格する。錦營測雨器は48年、測雨台二点は34年ぶりに宝物から国宝へ昇格される。

錦營測雨器は朝鮮時代の忠清南道地域監督官庁だった公州監營に設置されていたが、1915年ごろ日本気象学者和田維治が搬出した後、1971年に日本から返還された。
測雨器と測雨台は、現在上映中の映画「天文:天に問う」の主人公である世宗大王在位期に初めて製作された後、壬辰倭乱(文禄慶長の役)を経て使われなくなり、英祖時代に入って復活した。

錦營測雨器は1837年、大邱ソンファダン測雨台は1770年、昌徳宮測雨台は1782年に作られた。西洋では測雨器が我々より220年遅い1662年に初めて作られた。 ソン・ヨンオク美術文化財専門記者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です