『中毒の時代』中毒で読む韓国社会の断面


コリョ大学のカン•スドル教授がドイツのブレーメン大学に留学した際に恩師として師事したホールガー・ハイデ博士と共に書いた新刊だ。二人は韓国社会を「中毒社会」と規定している。「社会全体がまるでアルコール中毒者のように中毒の行動をしながら」動いているからだ。二人は「中毒の深層的な原因は恐怖」と規定し、どんな恐怖が韓国人の精神を抑えているかを話している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です